スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

東海岸7日目 Washington,DC

本日San Joseに戻る日
最後の観光に、かわいい街だったジョージタウンへ
20060930024606.jpg
ポトマック川 ワシントンハーバー

その後、M streetにあるフレンチカフェで朝ごはん
20060930024616.jpg
従業員もフレンチ
ここ、名前を忘れてしまったのが大変残念なのだが、とっても当り!
タロはクロワッサンを1個では満足せず2個食べたほど。
キッシュもサラダもカフェオレもどれもこれも美味!


ジョージタウンを散策後、ホテルに預けてあったスーツケースをとりに出かけ、
地下鉄を乗り継いで、West Falls Church駅へ行き
そこからバスロータリーへ行きワシントンフライヤー車のバスのシャトルに乗って空港へ

20060930024624.jpg
機内食

スポンサーサイト


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/12/01(水)02:44

東海岸6日目 Washington,DC

地下鉄でモールへ再び。
ワシントン記念塔は改装中のため登れず。
そこからReflecting pool リフレクションプールを横目に、
フォレストガンプで見たよね?(フォレストが演説しジェニーと再会する場面)
と言いながらリンカーンメモリアルに到着
20060930023555.jpg
近づいて見てその大きさにびっくり

20060930023605.jpg
リンカーンメモリアルよりリフレクションプールを望む



そして入館できないホワイトハウス
20060930023615.jpg
外から塀越しに見るのみ



ランチは、チャイナタウンに出かけて行き、店頭で麺を打っているお店に決まり
20060930023625.jpg



その後、キャピトルヒルへ行き、国会議事堂を外から見学
20060930024045.jpg



ショッピングにThe Fashion Centre at Pentagon Cityというペンタゴンのモールへ地下鉄で。
しかし中身はValley Fairのようなもの。
レストランやフードコートはあって魅かれたが
ユニオン駅の地下に各国料理のファーストフードがぎっしりあるという上に、
チェーン店でないオリジナルな店が多いとあったので戻って張り切って出かける。
・・・しかし、そこは既に終わっているモールだった・・・
確かにチェーン店は少ないけれど、オリジナルはオリジナルすぎてなんとも・・・
こんな事ならペンタゴンのモールで食べればよかったという後悔でいっぱいに?
食べ物の恨みは大きいなり?!!


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/30(火)15:19

東海岸5日目 Washing,DC

地下鉄でMallへ。
最初にNational Air and Space Museum 国立航空宇宙博物館
http://www.nasm.si.edu
041129.jpg

広い広い中にたくさんの飛行物体。そこにタロと夫を残し、
ハハはU.S.Holocaust Memorial Museum ホロコースト記念博物館へ。
残虐な映像がある点で、子どもは入館できないため。
(1階にだけ子どものための展示場あり)http://www.ushmm.org

ここは大人気のため、入場整理券がないと入館できないということだったが
10時過ぎに行くと、すぐもらえて入館できた。
夏は入れない事もあるとあったが、冬の時期は大丈夫なのか??
20060930022450.jpg

ワシントンDCで、一番訪れたかった所。
日本にいる時、何冊もホロコーストの本を読んだ。
同じ人間同士、なぜこんな事が起こったのか?
活字だけで知っていたそれが、映像としてこの目に入ってくる。
そしてそれは過去の事でなく、今も世界中のどこかで同様な事が起こっている現実
人は何を求めて、どこまで傲慢になれる?
それに終わりはないの・・?



航空博物館に戻る途中
20060930022500.jpg
青空に映えるワシントン記念塔


National Gallery of Art  国立絵画館へ。
西館をさーっと見て、東館にあるSculputure GardenにあるPavilion Cafeにてランチ。
ガラス張りになっており、太陽の日差しが差し込む中、
彫刻庭園のリンクでアイススケートしている人々を眺めながらゆっくり食事。


そしてタロお楽しみのNational Museum of Natural History国立自然史博物館へ
http://www.mnh.si.edu
ここ3日続けてダイナソーの展示を見る事になったタロ。
20060930022510.jpg

もう一生分見たというくらい、どこの展示も充実している。
これだけの施設が、カリフォルニアにもあればいいのになあ
東海岸は、文化面で先進している


地下鉄で、Foggy Bottom駅に行き、そこからGeorgetown行きの青いシャトルバンに乗る。
適当にジョージタウンで降り、散策。
ご飯が食べたい、ごはんごはん(米、コメ!という意味)と言うタロの願いで、
タイ料理やさんで夕食。
久しぶりのアジアンに、みんなほっこり。


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/29(月)14:41

東海岸 4日目

野球の神様ベーブルース
彼はここボルティモアの出身で、博物館があったり、銅像がある。
Oriole Park at Camden yardsにある銅像を見に行く
20060930021643.jpg
ここは、オリオールズの試合がある時、大変にぎわうらしい


そして再びインナーハーバーへ
今日の目的はMaryland Science Center    http://www.mdsci.org
メリーランドサイエンスセンターの特徴は、見て、触れて、実験できる事らしい。
昨日のフィラデルフィア自然科学館に引き続き、
San Jose Happy Hollow Zooハッピーホローズーの年間パスが役立ち
ここも無料で入館。
HHZで使うより、ずいぶんこちらで得をしている。

ここはガラス張りの展示場で外からも見えるのだが、
大きなダイナソーが入り口にド?ンと待ち構えている。
20060930021714.jpg
こんなに大きな展示恐竜を見たのは初めて

また昨日とは違った種類や展示物で、タロの興味をひくものばかり。
20060930021705.jpg

まだ帰りたくないというのを
アムトラックの時間が迫っているので半ば引きずるようにして後にする。



Baltimore 3:25 pm発   Washington DC 4:10 pm着
のアムトラックで、ワシントンDCへ移動
しかし出発が遅れ、到着した時はすでに真っ暗の5:30すぎ。
地下鉄で、ホテルのあるDupont Circleデュポンサークル駅へ。
本日のお宿:Radisson Barcelo Hotel
http://www.goldpointsplus.com/

夕食は、Connecticut Ave.にある
ホテルから近くのSetteというイタリアンレストランへ。
麺がアルデンテでGood!


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/28(日)14:20

東海岸3日目 Baltimore

今日は、アムトラックでフィラデルフィアからボルティモアへ移動
Philadelphia 9:32 am発   Baltimore 10:41 am着
アメリカで初めての列車の旅。
時間間際でないとホームに降りられない不思議


Baltimoreに到着し、MTAライトレールに乗り、ホテルのあるUniv.Center駅へ
歩いてすぐのDays Innに荷物を預け、再び徒歩でインナーハーバーへお出かけ。
まずはランチを食べにハーバープレイスにあるフードコートへ
20060930021114.jpg

タイ、韓国、日本などアジアからバーガーまで、多種多様
またインナーハーバーの景色も楽しめる。


そしてNational Aquarium in Baltimoreへ。http://www.aqua.org
この水族館、全米でも3本の指に入るという触れ込み。
大きな期待とともに入館。サンクスギビング休暇と土曜日が重なり、ものすごい人出。
水槽も、タロだけ前の方に送り込んで見せねば人ごみしか見えぬ。
20060930021204.jpg
タッチプール

そして、私の感想としては、モントレーの水族館の方が好きかな??
海洋生物について専門的な見地からいけば、こちらが上なのかもしれないが、
見せる楽しませ方、展示方法など、モントレーのそれが優れていると感じた。
実際、タロはモントレーの時ほどはしゃいだ様子ではなかった
(単なる時差ぼけかもしれないが・・)
しかし、ドルフィンショーは楽しかった様子。


暗くなってからのインナーハーバーのライトアップ
20060930021255.jpg


夕食は、ハーバープレイスにあるブルーアリーにて。

本日のお宿:Days Inn Inner Harbor Hotel    Baltimore , Maryland
http://www.daysinn.com/DaysInn/control/home?sid=0




アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/27(土)13:59

東海岸2日目 フィラデルフィア

Philadelphia Museum of Artにある映画ロッキーの立った場所へ
20060930014749.jpg
ちゃんと文字と足跡が刻まれている

ここから見下ろすフィラデルフィアの街が壮大。
20060930015126.jpg



朝からずっと歩いているのだが、全く体が温まらない。耳は寒さのあまり切れそうだ。
20060930015442.jpg

晴天が、この寒さを生み出しているのだろうが、
それにしてもこの寒さは西海岸ではありえない!


美術館の中は見学せず、お次に向かうは
Academy of Natural Science Museum 自然科学博物館   http://www.ansp.org/

ガイドブックには、フランクリン科学博物館の事ばかり載っており
この自然科学の方はほとんど載ってない。
フランクリンは規模・質ともアメリカトップクラスと言われているだけあり、確かに外観も立派。
それとは対照的に自然科学の方は、歴史ある古ぼけた外観。
大丈夫かいなと思いつつもこちらへ我が家が行く目的は
恐竜の展示がたくさんあるという点において。
そして実際、中に入って見ると、素晴らしい展示!
タロ、一つ一つに感嘆の声をあげている。
20060930015654.jpg
化石発掘・・のつもり



ここを後にホテルでの待ち合わせに向かう
20060930015800.jpg
エンバシーホテル前


今回の旅の一番の目的は、夫のアメリカのもう一人のmomのLに会う事。
待っていてもそれらしき人が現れない、おかしいな、と思った夫、
ある一人のご婦人に声をかけられる、なんとそれがL。
なぜわからなかったか・・それはLの外観の変化
太ってしまってわからなくなった・・のではなく、やせて別人のようになっているのである!!
私も写真でLは知っていたが、顔をよく見ると、もちろん面影は残っている
が、久しぶりに会ったのではすぐに気づかないのも無理はない。
Lによると、脂肪吸引で50キロ以上減ったらしい。
6年ぶりのびっくり再会!

それからLの車に乗りお家へ。
昨日のサンクスギビングディナーが残っているのでご馳走してくださるという。

サンノゼ付近ではあまり見かけないつくりのかわいいお家
20060930020044.jpg


ねこが歓迎してくれる
20060930020421.jpg
滞在中タロのいい遊び相手

夫が滞在していた時と比べ、キッチンはリモデルされ
20060930020523.jpg
お料理好きのLにはぴったり

Lはハイスクールでアートを教えている先生
20060930020618.jpg
リビングには彼女の絵


短い滞在に別れを惜しみつつ、ホテルへ送ってもらう

帰りに寄ってくれたリバティーベルセンター
20060930020716.jpg
手ブレでごめん・・奥で光っている小さく映ってるのが鐘

”アメリカの自由の象徴”リバティーベル(自由の鐘)が、ガラス張りで展示されている。


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/26(金)13:33

東海岸 1日目 フィラデルフィア

フィラデルフィア到着が夜遅かったため、開いているレストランをホテルに尋ね訪れる。

20060930025644.jpg


今日はサンクスギビング。
ほとんどの店が閉まっている中、24時間無休のレストランは、
地元のオバ様たちがウェイトレスの、アメリカ下町のダイナーといった風。
サンクスギビングディナーを、とてもお安い値段で頂く幸せ。


本日の宿:Embassy Suites Hotel Philadelphia-Center City
1776 Benjamin Franklin Pkwy  Philadelphia, Pennsylvania 19103
Telephone: 1-215-561-1776
Fax: 1-215-561-5930


アメリカ東海岸(フィラデルフィア・ボルティモア・ワシントンDC) | コメント(0)2004/11/25(木)13:27

«  | HOME |  »


プロフィール

あおぞら

Author:あおぞら
  
訪問してくださり、
ありがとうございます

San Joseは
今日も晴れた空でしょうか?

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。